ハイドロについて>>

バイクを売却・購入して悲しく後悔した体験談まとめ集

目次

【悲報】バイクを売却・購入して悲しく後悔した体験談まとめ集

バイクを売却して後悔したくない、またバイクを売却・購入して後悔してしまった事例と車種を紹介していきたいと思います。

やはり数十万という高額で取引するのに後悔はしたくないですからね。

そんな私も後悔したことがよくあります。

これは購入しないで後悔したことですが、ちょうど、私が30歳で大型免許を取得した際に、ホンダCBX750かゼファー750で悩んでいました。

当時は、カウルが有った方が高速走行が楽だろうという安易な気持ちでCBX750Fを選択しましたが、当時の俺に言いたい事は、ゼファー750は高騰するぞ、と。

また、SR400を、飽きたからと言ってすぐに手放してしまいましたが、売ってすぐに、またメチャクチャ乗りたくなって、売ったことに後悔したことがあります。

そんな悲哀をまとめてみました。

  • こんな方におススメの記事
    • バイクを売却して後悔したくない方
    • バイクを買って後悔している方
    • バイク売却に悩んでいる方

 

私のバイク履歴

アメリカのカリフォルニアでバイク買取を5年行っていました。

私のバイク履歴

  • ヤマハ SR400
  • ヤマハ SDR200
  • ホンダ CBX750
  • カワサキ ベルシス650
  • ホンダ スーパーカブ110
  • カワサキ スーパーシェルパ250
  • BMW R100RS

 

バイク売却の後悔と悲しみ集

バイクは不思議な乗り物で、車にはスポーツカー等なら判るのですが、生産中止になると同時に値段が上がるんですよねw

私もアラフォーですが、当時ゼファーはみんな乗っていて、そこら中ゼファーだらけで嫌気が挿したものですが、今となっちゃ高級クラシックバイクです。

そして、何故かバイクってかなり感情が紐づくんですよね。

  • バイクに乗って後悔した
  • バイクに乗らなくて後悔した
  • バイクを買って後悔した
  • バイクを買わなくて後悔した
  • バイクを売って後悔した
  • バイクを知って後悔した

 

それほど、バイクって人を感情的にさせる何かがあるのでしょう。

以下に、ライダー達のバイク売却の後悔と悲哀を日本車編と外車編にしてまとめてみました。

 

日本車編

外車編

 

バイクを売るか持ち続けるか

これはもう個人の思い入れとか、所有し続ける経済力とかにかかってきますね。

もし、長期にバイクを見れない、という方のために記事を貼っておきます。

あわせて読みたい
【売却か・保管か】バイクを長期保管する際の方法と注意点 【【売却か・保管か】バイクを長期保管する際の方法と注意点】 バイクを長期間乗らないと、バイクが痛みます。その際に適切なメンテナンスをする事によってバイクの劣化...

 

また、結婚したり、子供ができたりしてバイクを手放す方も多いですよね。

これまた過去の記事を貼っておきます。

あわせて読みたい
結婚してバイクを降りるか・乗り続けるのか!?【ライダー最終決戦】 【【ライダー最終決戦】結婚してバイクを降りるか・乗り続けるのか!?】 結婚したらバイクは降りるべきなのか? これは独身時代にバイクを乗っていて、結婚をする際に、...

まとめ

私も、思い返すと売却したバイクに対する色々な感情が沸き起こってきます。

  • KZ650をレストアしていたので、またKZ650を買いたい
  • SR400はバイクの楽しさを教えてくれたバイクだし、乗ると楽しい
  • スーパーカブはメチャクチャカワイイからまた乗りたい

マジでキリがないですね・・・

それでも、自分の人生に彩りを添えてくれたバイク達の事を考えると、”いつかはまた・・・”という気持ちになります。

皆さんも後悔しないように、そしてバイクを知ったことに感謝し、楽しいバイクライフを過ごして下さいませw

 

またまた、バイクに乗らなかった事を後悔するのなら、まずは「あとがき」を読んでみてはいかがでしょうかw

 

あとがき:バイク売却前にはこれが必要

僕がカワサキスーパーシェルパをバイク王に持っていったら、なんと3万円しか値段が付けられなかった。

というのも、不人気車であり規制後のありふれたバイクで、かつ30,000km越えの中古車だったから。

これ、普通の人だったら「ふざけんなよ~!!」。ですよね?

それでも僕は5万円で売却する事ができました

たかが2万円ですが、されど2万円

 

というのもこの方法を知っていたから。

相場観を養う:まずはネットで愛車の相場を知る、という方法。

3万円も5万円も変わらないけど、もちろん高ければ良いに越したことはない。

それが大型車で価値が高いバイクであればこそで、大型バイクならば10万円以上の差が出る事もしばしば

 

相場観が判らなければ、一括査定サイトに登録して見積を貰い、愛車を売らなければいいだけ。
もちろん買取業者もバイクによっては来ない業者も居れば、「見るだけ見ます」という業者もいる。

重要なのは「首を縦に振らなければいい」だけの事。

自分の中でこの価格以下では絶対売らない、という絶対値を決めればいいんです。

 

僕が使っているネット査定がコチラです


ただし、一括査定サイトなので1時間の間に電話が約6回程鳴るワケですが・・・

「多数からの電話は嫌だ!」

という方には、まずは無難にバイク王のお試し査定でバイクを診て貰うといいでしょう。

その名の通り診て貰うだけなので、価格交渉などは全くないのでご安心下さい。

 

バイクの乗れる年齢は決まっている

「バイクに何歳まで乗るの?」

中には80歳でも乗る方は居ると思うけど、正直言って

バイクに乗る事ができる年齢は60代から70代前半まででしょうか。

因みに管理人の父は74歳ですが未だにバイクに乗ってますw

人生は有限であり、身体は一つしかないし、バイクには一度に一台しか乗れない。

だからこそ、なおのこと!

「好きな時に、好きなバイクに乗る」

「人生をバイクによって豊かにするブログ」、というコンセプトの元にこのヒデブログは、アナタにガンガンとバイクの乗り換えをおススメします。

 

管理人の40歳記念:妻の妊娠発覚時に70万円で購入したBMW R100

僕は丁度40歳に1981年式のBMW R100RSを購入しました。

4万キロ走行で自分の年齢程古いバイクに2017年当時で70万円を出費して購入しました。

妻を説得する為に、パワーポイントで20枚のプレゼンを作成し、妻の理解を得る事が出来たのです。

なぜ、若いうちからそんな古いバイクを買うの?と聞かれれば、好きなバイクだから。

そして、子供が出来たら子育てでバイクなんか買えないから・・・

「だからこそ、買うなら今しかない!」と思った。

 

しかし、40歳の僕でも250㎏のバイクをメンテナンスするのにセンタースタンドを立てたり、押したり、故障が多く自分でメンテナンスするのに本当に苦労します。

そう思うと40代に購入しておいて、良かった~と思っています。

正直言えば、もっと30代・20代に買っておけばよかったと後悔しています。

それでも、今でも当時のその判断は間違っていなかったと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヒデト(@hyde.blog)がシェアした投稿

 

後悔するの?後悔しないの?

皆さんもバイクを買い替えたいと思ったときにこんな事考えませんでしたか?

バイクが欲しい時に考える事

  • 「バイクを乗り換えたいけど貯金が~」
  • 「バイクを買いたいけどちょっと危ないかも・・・」
  • 「バイクに乗ってたけど、また乗りたい、でもふんぎりが・・・」
  • 「近所の人がバイクに乗ってたけど、かっこいいなぁ・・・」
  • 「子供が小さいからバイクはちょっと・・・」

 

バイクを乗り換えたいけど、踏ん切りがつかない時はこう考えたらいいでしょう。

そのお金はバイクを買うお金ではなく、時間を買うお金」だと思えばいいんです。

有限な時間を欲しいバイクと一緒に最高のバイクライフを過ごす為に、このヒデブログは存在しますw

 

  • 「こんな危ない乗り物を薦めやがって!」
  • 「アフィリ案件、ウゼェ!」

って思われたらしょうが無いですが、バイクに乗る時のワクワクした感情を抑えずにガンガン後押しするのが、このブログの管理人である僕の役目だと思っています。

 

正直、僕自身バイクに乗らずに弄ってばっかりですが、それも一つのバイクライフ!

バイクに乗らなくたってバイクライフは楽しめるんですよw

あの、所ジョージさんって、バイクを乗りまくるわけではなけれども、バイクライフを最高にエンジョイしてますよね(笑)

本当にカッコイイと思う!

 

ですので、皆さんにも色んなバイクライフがあるとは思いますが、欲しいと思ったその時がバイクの換え時ですw

 

このヒデブログも不定期更新でほぼ毎週更新はしているので、よろしければ登録お願いいたします!

 

皆さんのバイクライフが最高なものでありますように!

 

ヒデブログ管理人が使っているネット査定はコチラ

「多数からの電話は嫌だ!」

という方には、まずは無難にバイク王のお試し査定がコチラ。

その名の通り診て貰うだけなので、価格交渉などは全くないのでご安心下さい。

 

皆さんのバイクライフが最高なものでありますようにw

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる