キャンプ

Butterfly 灯油ランプ オーバーホール その1

何年前のランプ?

実家にずっとある、灯油ランプ。

あまり今まで気にして見なかったのですが、子供ができ、キャンプをしたいなぁ、みたいな事を考えていたら、あ、そう言えば実家にランプあったじゃん、みたいに思い出しました。

使えるのか、これ?

そのランプはサビ、クスミだらけで使えるような見た目ではないのですが、なんとか直して使ってみたくなりました。

このメーカーは知らないのですが、見た目は完全にPetromaxというドイツメーカーなのですが、刻印を良く見ると、いたるところにバタフライと記載があります。中華??

ネット情報によると、中華製 6,000円であり、
日本製(フシミ製 2~3万円)があるようですね~。
私が磨いているのは、後者を望みます!

こちらがバタフライ製

 

そして、こちらが本家、Petromax製

 

赤いノブ?は伸びるので、ピストンみたいです。多分これで灯油を圧縮させるのでしょう。

このランプについて、父曰く

それは、俺の親父(私の祖父)が持っていたもので、いつもピカピカで祖父の居間に飾ってあった。

と言っていました。それが本当だとする、親子三代で使う事になりますね~。こりゃあ何かの縁を感じざるを得ません。

作動状態

そして、多分この赤い部分のピストンをシコシコさせると、圧力計が作動するのでしょう。

そして、回転するノブで火力を調節させるといったところでしょうか。

ピストンを出し入れしても、手ごたえもないのできっとこのピストンOリングが劣化しているし、そもそもこのタンク内の灯油もどうなっていることやら・・・・

圧縮できていたら、このゲージにも変化があるはずですからね

自分が何となく見積もったところ、ピストンOリングさえ替えれば使えるようになるのではないかと思います。

磨いてみる

とりあえず、使えても使えなくても、この錆び?を何とかしたいので、磨いてみたいと思います。

私は、とにかく時間をかけたくないので、スチールウールに5-56を染み込ませて、磨き開始!

意外に表面の錆びは取れやすく、ガンガンピカピカになっていきます。

しかし、いかんせん私自身の時間が無いので、全然はかどりませんわ。

あと、ウチの最近入った(産まれた)若い職人さんが、邪魔をしてくれるので・・・・

修理部品ゲット

再利用の為に、まずは修理工具・部品をゲットしなければなりません。

実は、近所にアウトドア専門店があり、そこに立ち寄った時のこと。

コアラ号
あの~、ランプの修理道具探してるんですけど、これっていくらですか~?
ああ、これ販売はしていないんですよ~。
ランプに付属するもので、非売品なんですぅ。
バッタ号
コアラ号

※自分:困った顔で、悩む振り

そうか~、困ったな~、祖父からの代のランプでこれから大事に使おうと思ったのにな~

あの~、良かったら差し上げます!
バッタ号
コアラ号

!? え !?

いいんですか~!?

はい、店長も居ないので、差し上げます!
バッタ号

と、言う事でPetromaxの修理道具ゲット~~。

それにしても、いいのかな、見た感じアルバイトみたいだったけど・・・
ま、いっか。

とにかく、今回は外観の磨きまでやってみましたw

使用するまでは、結構かかるだろうな~~

 

続く

 

人気動画

-キャンプ
-キャンプギア