ハイドロについて>>

BMWバイク R100RS カフェレーサーカスタム その2 カウルステー外し

ヒデト

カウルステー外すべ!
そすればよりカフェレーサーっぽく見えるはず!

以前の記事 >>BMW R100RS カフェレーサーカスタム その1 カウル外し

の続きw

友人に見せた、カウルレスR100が不評だったので、またやり直す、というか、カウルステーを外します。

まあ、外すと既存のミラーも使えなくなるんだけどね。

それでは、やってみましょうw

 

 

目次

カウルステー外し

ちょっとアップすぎて判らないと思うのですが、このカウルステー、ボルト2本だけでハンドルの首元に装着されています。

そして、このボルト、固い!

ソケットのボックス12角だと、ナメます! なので、急遽友人に6角のボックス13㎜だったかな?忘れた・・・

を借りて、外せました。

そして、かなり奥まった箇所にあるので、長めのエクステンションが必要です。

 

重てぇ!!

はい、鉄の塊、エイリアンの子供みたいのがもう外せましたw

あ~スッキリしたw

そして、問題になってくるのが、ウィンカーの位置。

 

ウィンカー位置の変更

カウルステーを使えなくなったので、ウィンカーはこのタンク下のカウルステーを流用したいと思います。

まあ位置を変更するだけなので、そんなに難しくはありませんが、これで車検が通るのかな・・・?

 

ミラーの装着

ミラーは、クラッチ・ブレーキハンドル根元に穴が開いているので、そこにミラーを装着する事ができます。

今までのミラーがメチャクチャ視界性が良かったので、小ぶりのミラーが嫌だったので、かつ、R100のノーマルハンドルは幅がやけに狭いので大きいミラーが良かった!

そして購入したのが、コチラ!

これ、かなり視界性が良いです。

乗車しても後ろは普通に見えるので、最高でしたw ただ、ちょっとネジ部が短くて、ナットを装着するのがギリギリでしたね。

ヒデト

後方の視認性は大事だからね!

 

ライトステー装着

以前のライトステーはカウルステーに装着されていた

ライトステーは新調しないといけません。なぜなら、以前のライトステーは、エイリアンの子供(カウルステー)に装着されていました。

なので、このライトステー選びは迷いましたね~~。

なぜなら、ライトステーってピンキリ。

安いのは1,000円位で買えるけど、愛車のカスタムとしてどうなの~?と思ったり。。。

そんな感じで購入したのがコレ!

 

KITACO製ライトステー

なぜ悩んだかと言うと、高い!

他のライトステーが安い分、このライトステーの値段が際立ちました・・・

しかし、愛車をクールにカスタムしたいのに、かつ目立つライトステーだったら、なおさらいい品物であるべきぃぃぃぃ!!

ヒデト

くっ、6千円・・・か・・・

色々なサイズに対応しているのですが、R100ではビニールテープ位がちょうど良かったでした。

こんな感じでビニールテープを貼り付けます。

 

ほいで、こんな感じになりましたw

ライトのケースにかなり大きな穴があるので、大き目のワッシャーを多用しました。

いや~、カッコいいw

このライトステーにしておいて後悔はないです!

 

ミラーはコチラ

 

 

カフェレーサー化ライト周り完成

バイ美

へ~、カッコよくなったじゃん♡

どうですかぁ~、カッコよくなったでしょ~w

いや、マジでカウルステー外して良かったわ。

次は、どこをカフェレーサー志向にしようかなw

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる