BMW R100

BMW R100 クラッチ交換 【その3】クラッチ組立 問題続出!!!!

前回、BMW R100 クラッチ交換 【その2】部品購入の続きw

ヒデ
あとは組み立てるだけだぜ~

てな感じで意気揚々と始めました・・・

 

まさか、こんなトラブルが色々と続出するなんて、この時は知る由もなし・・・

 

クラッチセンターツールで芯だし

こんな感じでフライホイール剥き出しの状態から作業を開始します。

以前購入した、クラッチセンター出しツールを使用して組み立てていきます。

センター出しツールを使用していて感じた事は、マジックのセンター出しツールでも良かったんじゃね?ってい事。

まあ、いっか、僕はお金を出して信用を購入しました!(言い聞かせてる)

 

クラッチプレート固定ネジ×6本は20Nm

締付けトルクは決まっていて、20Nmです。

トルクレンチで回転させると、フライホイールも回転してしまうので、木端やらドライバーを使って、

回転止めをして締め付けました。

 

スプラインにMolyグリスを塗布して、ギアボックス取付です。

センター出しツールの効果もあって、結構簡単に取り付ける事ができました。

 

プッシュロッド取付後の異変・・・

ギアボックスも取り付けて、プッシュロッドもグリスを塗布して取り付けました。

そして、クラッチワイヤーも取り付けて、ニギニギとクラッチレバーを握っていた時に、違和感が・・・

あれ?

あれ?

クラッチが切れない・・・・

 

パニック発生⇒恥動画作成で恥を世界配信

もうこうなると、他の事が見えないというか、何も考えられない。

とりあえず、組み方が悪いのかと思い、何度も何度もクラッチを付けたり外したり・・・

そして、古いクラッチプレートを付けてみたりと・・・

それでもクラッチレバーがスカスカ・・

助けが欲しくなり、こんな動画も作ってしまった!


今思うと、本当に恥ずかしい・・・・

 

答えはクラッチ調整ネジ

いや~、本当に恥ずかしいですわ!

この調整ネジを締めたら、クラッチが切れるようになりましたw

答えは、Facebook上のBMW R100のコミュニティでアメリカ人からアドバイスを貰いました。

いや~、人類みな兄弟w

本当にアメリカ人のオッサンにキスしてあげたい気持ちでした。

 

ヒデ
あとは、シャフトをギアボックスに繋げるだけだ~

 

と思ったのもつかの間、新たな問題が

 

シャフトがギアボックスに届かない!?

はい?何のこと?

と思っている方も多いとは思いますが、ギアボックスを外す工程で夢中になり、シャフトがとんでもなく遠くなってしまって、色々と干渉してギアボックスまで届かないわけですよ!

色々と試行錯誤したし、海外のYoutube動画を見ても解決策が見当たらなかったので、色々外すことにしました。

 

リア周り全外し

リアタイヤ外し

リアタイヤを外して~~

てか、こんな構造になってたんだね~w面白い(大変だけど・・・)

 

リアブレーキ外し

まず、ブレーキペダルを外しました。

一番の問題はこいつが干渉していた事です!

こいつめ!

 

 

スイングアーム外し

スイングアームまで外してしまいました・・・

いや~、まさかここまでバラバラになるとは・・・

注意点は、ギアボックス側を下に向けるとオイルが垂れるので要注意!

 

スイングアーム組立

あれ?オレ書いてておもったけど、スイングアーム外す必要あったんか?

まあ、いいや、気持ちもリセットせんとな!(考えない)

邪魔者が居なくなったので、組立は結構スムーズにいきましたw

 

 

早く組み立てないと、冬がきてしまう・・・・

今回はこの辺でw

皆さん、また次回にお逢いしましょう。

人気動画

-BMW R100

© 2021 ヒデブログ Powered by AFFINGER5