\ 楽天ポイント10倍セール! /

BMW R100 自分でバイクのクラッチ交換やってみた 【その4】最終回

さてさて、前回の続き

>>BMW R100 クラッチ交換 【その3】クラッチ組立 問題続出!!!!

もうね、大きなヤマは越えたので、あとは組み立てるのみ!

あると便利なソケットレンチセット⇩

\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場
目次

組み立て

シャフト取付

このシャフトに取り付けるネジは専用ネジで使いまわしができません。

そしてトルクが決まっていて、20Nmで締め付けます。

ただ、アクセスが無いので、こんな感じでトルクレンチ先に10mmのスパナを取付け、11mmのスパナで20Nmで締め付け!

スイングアームトルク締付け

動画通りに、左右の隙間が同じくらいに六角レンチにて締付けます。

確か20Nmだったかな?(調べてくださいね)

確か20Nm

両側の隙間は大体3mm位でした。

最後にロックナットの締め付けは27mmという大型のソケットで締めます。

肉薄じゃないとかなり入りにくいですね~

僕のは使用後にハマってしまって、なかなか取れなかった・・・

27㎜ソケット
100Nmでロックナット締付け

100Nmなのでかなり力が必要です!

トルクレンチは必須!

トルクレンチは必須!

今回使ったのは20Nmで使えるトルクレンチと100Nmで使えるトルクレンチ2本

まあ、両方測れるトルクレンチがあれば2本買う必要もないでしょうがw

一応、20Nmから100Nm以上まで計測できるトルクレンチを貼り付けておきます。

後輪取付

後輪軸のグリスアップ

グリスは、今回購入した耐熱のグリスを使用しました。

後輪の取付け

後輪を取付ますw

リアブレーキASSY取付

もうね、ここまでくるとチャッチャチャッチャと組み立てていきます。

リアブレーキASSY組立て

この辺もチャチャっと取付。

シールテープで配管を取り付けます。

因みに、リアブレーキのエア抜きにかなり苦労してしまいました。

詳細は以下の記事↓

>>【R100】バイクのリアブレーキのエア抜きがめちゃくちゃ苦戦した件

ミッション・シャフトオイル注入

今回はカストロールさんのオイル

今回は、ミッション・シャフト用にカストロールさんのオイルを購入しましたw

いいですよね~、なんか白い缶が嬉しい!

缶切り・・・かよ

ただ、プルトップが無いので、缶切りで空けます。

と言うか、最近の若い子って缶切り使えるんでしょうかね~?

バナナでクギが打てます・・・・

ん~、いいですね、新品のオイルはw

ミッションオイルは800ml

ミッションオイルは800mlです。

200mlだっけ?

ミッションにもちょいちょいオイルを入れていきます。

もちろん、ワッシャーは新品に交換w

アルミワッシャーも必須!

バッテリー取付

バッテリーは、劣化していたので、今回は新調しました。

詳細は以下記事⇓

>>BMW R100 バッテリー交換【3年で劣化】初めて買ってみた

完成

完成!

まあ、すんごくチャチャっと書きましたが、結構時間がかかりました。

エンジンも問題無くかかり、ギアもちゃんと入りました。

※リアブレーキのエア抜きかなり手こずりましたが・・・

>>【R100】バイクのリアブレーキのエア抜きがめちゃくちゃ苦戦した件

本当にこのクラッチ交換は時間がかかりましたが、完成してギアがちゃんと入った時は、感動ものでしたw

てか、このクラッチ交換中に車検も切れてしまったので、走行できませんが、はやく走ってみたいですね~

皆さんも、クラッチ交換、頑張って下さいね!

クラッチ交換後レビュー

クラッチ交換後、10km程走行してみましたが、何だかしらないけど乗り味が全然変わりましたw

何となく、今まで乾式クラッチなので、半クラをしないようにギアチェンジがおっかなびっくりだったのが、安心してクラッチが繋げるような感じに♪

まあ、余程の事じゃないと、クラッチ交換なんかしないと思いますが、交換、おススメです!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる