ハイドロについて>>

バイクのフロントフォークオイル交換 その3 【BMW R100RS】

目次

フロントフォーク分解後

バイクのフロントフォークオイル交換 その2 【BMW R100RS】 の続き

その2でフロントフォークを分解し、フォークスプリングを取り出したところで私の胸騒ぎが止まらない・・・

そう、フォークスプリングカスタム!!

さて、フォークスプリングも色々、WPやら、オーリンズやら、色々とあるみたいですが、調べたら、純正の強化スプリングとやらがあるみたいなので、そいつに決定しました。まず部品を発注しないとね。

アウターチューブ再塗装

外したアウターチューブは、塗装が取れ、アルミ地に腐食があり、汚く見えるので、再塗装します!

再塗装、とか初めてやりますけど、とりあえずマスキングテープだけあったので、反射板にマスキングだけしていきます。

そう、ってか、塗装の前に塗料を剥がさなければいけないので、塗料をサンドペーパーで削っていきます。

そして、ネットに書いてある様に、250番、500番の耐水紙ヤスリを購入し、塗装剥がすぞ~~~

シコシコシコシコ

シコシコシコシコ

……………….

2時間後

メッチャ時間かかるやないか~~~い!

ですので、決めました。ケミカルの力に頼る事を。

色々とネットで ”フロントフォーク 塗装剥がし” で調べていましたら、

これがいい、

という事で購入しました。

1週間後

届きました!

デイトナ製 塗装はがし剤!!!

デイトナ 60240 塗装剥がし剤(剥離剤) 400ml

さて、早速使ってみるわけです。

蓋を開けてみると、酸っぱい匂いがします。いかにも効きそうな匂いです、ハイ!

容器を使用後は、水洗いできるみたいなので、普通の水性ハケを使用します。

そして、容器はプラスティックは絶対に使用しない事、知らずに、ペットボトルを切って使用していたら、”ピキピキ”と音を立てながら、溶けていきます・・・・ そりゃそうか、塗装だって、溶かしちゃうんだから(笑)

さっそく、塗り塗りしてみます。

すでに、塗りながら、刷毛に塗料が付着していきます。

”スッゲー、気持ちいい!”

あっという間に、ボロボロと溶けていきます。 ものすごい勢いです。

そして、何度か、塗りながら、すべて塗装を落としていきます。

最後に、スコッチブライトで、ゴシゴシと残った塗料をすべて綺麗にながします。

かなり、綺麗になりました。 アルミ地に発生していた腐食もきれいにします。 いい腕してるでしょw

ここで、一つミスがありました。

マスキングが完璧でなかったのか、反射板がデイトナのはがし剤で、反射板が溶けてしまいました・・・・(涙) ま、いっか。 全部塗っちゃえw (軽っ)

さって、やっと塗装に入れます。

バイクのフロントフォークオイル交換 その4 【BMW R100RS】につづく

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる