ハイドロについて>>

バイクのフロントフォークオイル交換 その6 【BMW R100RS】

目次

アウターカップ装着

前回、バイクのフロントフォークオイル交換 その5 【BMW R100RS】の続きです。

色々とありましたが、やっとこさっとこ、組立ができます。

とりあえず、アウターブーツの先っちょのカバーを取り付けたいと思うのですが、カバー内にフェルトを装着しなければいけないので、つけます。ってか、こんなのでいいのでしょうか?非常に原始的な感じがします・・・

カップの内側に溝があるので、嵌めてみたいと思います。ってか、説明書も何もないので、色んな方のブログを拝見させてもらいながら、多分、そうだろうという予想で組み立ててます(笑)

こんな感じではまりました。(これで大丈夫なのだろうか・・・?)

そして、カップをインナーブーツに嵌めます。↓こんな感じ。

ガスケット装着

さて、いよいよ塗装した、アウターブーツにガスケットを嵌める作業に移りますが、ブログ(他の人)を見ると、どうやら、装着する前に、オイルに漬けたほうがいいらしいのです。(なぜなのでしょうか?)

1時間ぐらいと記載されていたので、そのようにします。(だって失敗したくないし)

ちなみに、ブログでは(又他人の)、カワサキのG10の安いフォークオイルを使用していると記載があったので、購入しました。

そして、1時間後、ガスケット(Oリング)を嵌めてみたいと思います。ブログ(以降他人のブログ)によると、やはりスペシャルツールやら、同じ径位のソケットとかで、アウターブーツに嵌めるらしいので、私も仕事場からおあつらえ向けのツールを拾ってきました。(ピッタリでしたw)

プラハンでこのツールからガンガン叩いて、はめ込みます。

あと、オイルを使用している箇所なので、ガスケット等を購入した時に同時に、メタルパッキンを購入しました。

2セットは、下側で、1セットは上からです。

最初は、こんな細いワッシャーでオイル漏れないかなって思いましたが、ネジを締めていくと、この鉛製?のパッキンがガムみたいに、ゴムみたいに、広がって、密封性を良くするのだと思います。

そして、アウターブーツをはめ込み、下からボルトを留めます。多分、トルク管理されているとは思うのですが、小さいトルクレンチしかなかったので、大体で留めさせていただきました。

やっと、ここまで来ました・・・

フォークオイル注入

そして、オイルを上から注ぎいれます。ブログによると320ml入れるので、その様にします。

ちなみに、注入は、注射器にストローを嵌めて注入してみました。

注入後、上からキャップボルトとメタルパッキンを取り付け、ハンドルを元に戻し、最後まで組み上げます。

以上、できあがりました、やっと。2ヶ月くらい架かったプロジェクトでしたが、自分の力でここまでやったメンテナンスは初めてで、達成感があります。(完成写真・インプレ等は後ほどアップします。)

そして、あとは油漏れがしない事を祈るのみ・・・・・

次回、バイクのフロントフォークオイル交換 その7 【BMW R100RS】では、今回の、フロントフォークオーバーホールにて掛かった費用の総額について、載せたいと思います。

一応、比較の為に他社強化フロントフォークスプリングを載せておきます。
僕が買ったのは、直接ビーマーさんからです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる