ハイドロについて>>

アフリカツイン新旧比較 「バイク比較」

アフリカツイン 新旧スペック比較


さて、アフリカツインが再販されました。

スタイルは、今まで色んなアルプスローダーが販売されてきましたが、
ホンダの旗艦になりかねない、スマートでカッコイイデザインですね!

 

色々と話題になっているアフリカツインですが、
一体どの様な味付けになっているのでしょうか?

 

スペック表を見てみましょう。

車名 アフリカツイン アフリカツイン CRF1000L
(XRV650) (XRV750) Africa Twin
型式 RD03 RD04 RD07 EBL-SD04
モデルイヤー 1988 1990 1996 2016
全長(m) 2.31 2.33 2.32 2.335
全幅(m) 0.9 0.895 0.905 0.93
全高(m) 1.32 1.42 1.43 1.475
最低地上高(m) 0.2 0.19 0.195 0.25
ホイールベース(m) 1.55 1.56 1.555 1.575
シート高(m) 0.88 0.87 0.850/0.870
車両重量(kg) 221 236 234 232(242)
最低回転半径(m) 2.6 2.7 2.6
60㎞/h定地走行燃費 32.0km/L 30.0km/L 25.2km/L 32.0km/L
原動機型式名 RC31E RD04E SD04E
冷却・行程 水冷4ストローク
バルブ数・動弁機構 3バルブSOHC 4バルブSOHC
シリンダー配置 52°バンク横置V型2気筒 並列2気筒
総排気量 647㏄ 742cc 998㏄
内径x行程(mm) 79.0×66.0 81.0×72.0 92.0×75.1
圧縮比 9.4 9 10
燃料供給 キャブレター 燃料噴射
供給装置 VDF4x2基 VDG8x2基 VP51x2基 PGM-FI
最高出力 52ps/7,500rpm 57ps/7,500rpm 58ps/7,500rpm 92ps【68kw】
/7,500rpm
最大トルク 5.7kg-m/6,000rpm 6.1kg-m/6,000rpm 9.7kgf・m【95N・m】
/6,000rpm
点火方式 CDI フルトランジスタCDI フルトランジスタバッテリー
潤滑方式 ウェットサンプ
潤滑油容量 2.8L 3.2L 4.9L(5.5L)
燃料タンク容量 24L 23L 18L
クラッチ 湿式多板 湿式多板
(DCT)
変速方式 左足動式リターン
変速機 常時噛合5段 常時噛合6段
(電子式6段)
1速 2.769 3.083 2.866(2.562)
2速 1.882 2.062 1.888(1.761)
3速 1.45 1.55 1.480(1.375)
4速 1.173 1.272 1.230(1.133)
5速 0.965 1.083 1.110(0.972)
6速 0.968(0.882)
1次減速比 1.888 1.763 1.733(1.883)
最終減速比 2.687 2.625
フレーム形式 セミダブルグレードル
フロントサスペンション エアアシスト機構付正立テレスコピック 倒立テレスコピック
リアサスペンション プロリンク式スイングアーム
キャスター 28° 27°36′ 27°30′
トレール(mm) 113 108 113
タイヤ(前) 90/90-21 54S 90/90-21 54H
タイヤ(後) 130/90-17 68S 140/80R17 69H 150/70R18 70H
前輪ディスクブレーキ 油圧式シングル 油圧式ダブル
後輪ディスクブレーキ 油圧式シングル
標準現金価格 ¥749,000 ¥789,000 ¥890,000 ¥1,350,000
(\1.458.000)
備考 ( )内はDCT仕様車

ほぼ、数値的には変わらない内容にビックリしますねw
一番大きく変わったところは、最高出力と値段でしょうか。
旧型に比べ、2倍近くになっています。

又、タイヤはこれぞ、オフ車と言った、21インチです。
あの、パリダカラリー4連覇を成し遂げた、旧型のタイヤサイズのままというのは、嬉しい限りです。
そして、国産の初のアルプスローダーとしての実績があります。
BMW R1200GSでも19インチ・・・・
男ですね。

そして、今回、導入されたアフリカツインには、「DCT」が装着されているのです。
(車重は10kg増えますが)
DCTとは、マニュアルでのクラッチ握りやシフトチェンジが必要無く、
バイクが勝手にシフトチェンジしてくれるのです。
これは、ある意味、スクーターに乗るようなものですが、長距離には最適この上無いでしょう。
シフトチェンジがおっくうになったライダーにも強い見方なのではないでしょうか?

 

旧型のアフリカツインも名車の一台に位置づけられていましたが、
こちらも名車となる事間違いない一台だと思います。
新型アフリカツインが出現する事によって、名車として再スポットを当てられ、
中古価格が上昇するのではないでしょうか?
(買うなら今のうち?)
旧車には旧車の良さがありますからねw

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる