バイクライフスタイルを提供する⇒ ヒデブログについて

カワサキ ベルシス650 スズキ Vストーム650 「バイク比較」

カワサキ ベルシス650 と スズキ Vストーム650比較


現在、色々と流行っているアルプスローダーですが、
今回はカワサキとスズキのバイクを比較していきたいと思います。
カワサキはと言うと、
ベルシス 650 と

 

スズキ
Vストーム 650 のスペック比較をしてみました。

 

どちらも、毎年モデルチェンジをしながら進化しているバイクです。

Vストーム 650 ベルシス650
型式 EBL-VP56A
全長 / 全幅 / 全高 2,290mm × 835mm × 1,405mm 2165mm × 840mm × 1400mm
軸間距離 / 最低地上高 1,555mm / 175mm    1415mm  / 170mm
シート高 835mm 840mm
装備重量 ※2 215kg 214kg
燃料消費率 ※3 国土交通省届出値:定地燃費値 ※4 39.0 km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※5 25.1km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 2.7m
エンジン型式 / 弁方式 水冷4サイクルDOHC90°Vツイン 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 645cm3 649
内径×行程 / 圧縮比 81.0mm × 62.6mm / 11.2 : 1 83 mm × 60 mm   / 10.8 : 1
最高出力 ※6 49 kW 〈66 PS〉 / 8,800 rpm 51 KW (69 PS) / 8500 rpm
最大トルク ※6 59 N・m 〈6.0 kgf・m〉 / 6,500 rpm 64 N・m (6.5kgf・m) / 7000
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式 セミドライサンプ
潤滑油容量 3.0L
燃料タンク容量 20L 21L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン 6段リターン
変速比 1速 2.461
2速 1.777
3速 1.38
4速 1.125
5速 0.961
6速 0.851
減速比(1次 / 2次) 2.088 / 2.933
フレーム形式 ダイヤモンド ダイヤモンド
キャスター / トレール 25゜40′ / 108mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS付) / 油圧式ディスク(ABS付) 油圧式ダブルディスク(ABS付) / 油圧式ディスク(ABS付)
タイヤサイズ(前) 110/80R 19 M/C 59H, tubeless / 120/70ZR17 M/C 58W
タイヤサイズ(後) 150/70R 17 M/C 69H, tubeless 160/60ZR17 M/C 69W
舵取り角左右 40°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成19年国内排出ガス規制に対応

 

どちらも、スペック的には、殆ど変わらない内容になっています。

大きな差といったら、多少馬力(2.3馬力)ベルシスに分があります。

そして、フロントのタイヤサイズは、Vストームが19インチに対し、

カワサキは17インチで、Vストームの方がオフ仕様といったところでしょうか?

あとは、趣向の違いでしょうか、

スズキがV型二気筒に対し、カワサキが並列二気筒

この違いはデカイ!!

僕的には、ロマンがあるのは、V型二気筒でしょうか!

皆さんはどちらがお好みでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる