ハイドロについて>>

バイクの機械式スピードメータ故障とトラブルシュート【BMW R100】

目次

スピードメータ故障

そいつは、突然訪れました。

ブレーキホースをステンメッシュ化して、試運転してる最中に・・・

スピードメータが故障した!

って、本当に休ませてくれませんね~。
次々と課題を与えてくれるR100に感謝感激の涙を禁じずにはいられません・・・

最初の症状は、バイクを押しているときに、スピードメーターから

「カラカラカラ」

と音がするではありませんかw
最初は、スピードメーターの妖精かと思ったのですが、エンジンをかけ走り出してみると、カラカラが速度に合わせてカラカラカラ・・・

思わず笑っちゃいましたね!

なんて、オーナー思いのバイクなんでしょう(泣)

早速、いろんなサイトを見まくってみると、結構みなさん分解されてるみたいですね。
まあ、もちろん国産のバイクのサイトよりは全然情報量が少ないですが、分解されている画像もアップされていたので、どうやらやってみるしかなさそう。

そして、この異音がどうしても気になるし、そしてこれ以上悪くなっても嫌なので、早速分解してみましょう。
分解か~~~・・・・

スピードメーター分解

構造はそこまで難しくはありませんでした。

まず、スピードメータ裏に留めているでかいコネクタを止めているビスを外すと、コネクタが抜けます。

そして、スピードメータを止めているネジ3本を前側から外し、スピードメーターをマウントから引き抜きます。

スピードメータの裏側のビスを外しまくると、中のスピードメータの機械的な機構がごっそり取り外す事ができます。

それで、色々と試してみました。

  1. スピードメータ機構が問題無いか?
  2. 距離計がスピードメータに連動して加算されているか?
  3. スピードメータケーブルが問題無いか?
  4. 上記すべて問題無ければ組み上げ動作確認。

このフローを行ってみました。

スピードメータトラブルシュート

1. スピードメータ機構が問題無いか?
2.距離計がスピードメータに連動して加算されているか?

そして、電動ドライバーの先端に回転部をテープで接続し、回転させてみると、スピードメーターは正常に動作し、距離計も加算されていくので、どうやら機構部は問題無いみたいです。

と、言う事は1と2の問題はクリアされました。

3. スピードメータケーブルは問題無いか?

実はBMW R100はスピードメータケーブルはシャフト部分?エンジン?に繋がっているんですね~。
国産バイクならば前輪に繋がっていますが、国産とはかなり異なる構造になっています。

そこで、センタースタンドを立てた状態で、後ろタイヤを回してみると、ケーブル内のシャフトが回転しました。

→スピードメータケーブルは問題ない。

4. 上記すべて問題無ければ組み上げ動作確認

早速、全て分解したスピードメータを組み上げます。

回転部のギアはシリコングリスを塗布します。

組み上げた後は実際に走行してスピードメータが正常に動作するか確認します。

動作確認したが・・・

全て問題無く確認しましたが・・・

実際に走行させてみましたが、動かない・・・・

また、再バラシして原因を追究しました。

個人的には回転部分のこのギアの動作がシブいと思ったので、分解してシリコングリスを塗布し、再組立てし、上のフローを再度実施したが、やはりスピードメーターが動作しない・・・

組み立てては外して
組み立てては外して・・・・
×5回
(めんどくさい、買おう・・・)

我輩、スピードメータを買う

早速、ヤフオクでスピードメータアッセンブリを検索してみると、ありました。

画像はありませんが、中古で30,000円
たっけ~な、おい!

さすが、R100ですよね~、中古でも立派なお値段してます。

と、言う事でデジタルメータでも装着してみようと思います。

いいじゃないですか、古いバイクにデジタルなスピードメータ。

(純正のR100にこだわりはないのか?)
無いですねw
だって、限られたお金でやりくりしなきゃいけないし、カスタムしたいってのに、そこに拘ってたらカスタムもすすまなし。

それで、早速メータもリサーチ

そして、どうやらカスタムで海外製のスピードメータを装着でできるようです。

今回はこのくらいで。
ではではw

次回、
デジタルスピードメーター取り付け その1
はこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉からバイク情報を発信するアラフォーブロガー
バイク・ガレージ・アウトドア情報など大人の週末遊びをテーマにしてます

目次
閉じる