メンテ

【R100】バイクのリアブレーキのエア抜きがめちゃくちゃ苦戦した件

ヒデ
リアブレーキのエア抜き、めちゃくちゃ苦労したんだけど・・・・
なんでこんな苦労したんだ?

そんな私の体験を書いてみました。

クラッチ交換をした際に、リアブレーキとブレーキホースを外しました。

そして、取り付けてから、リアブレーキのエア抜きをしようとしたら、全然できないんですわ、これ。

そんな体験をシェアさせていただきます。

 

簡単なはずのエア抜きがなぜ・・・?

このカワサキ製の5年前くらいに購入したDOT4ブレーキフルードを注入してエア抜きを開始。

面倒臭いから、注射器で吸いつつ、リアブレーキを踏みこんだままニップルを開けてエアーを抜く。

そして、リアキャリパーにはディスクより厚いモノを差し入れておきます。

という方法をし続けていいたけど、まあ全然硬くならない・・・・

そんなわけで、ホースに隙間があるのかと思い、結束バンドを根本に巻く。

結局、これでも全然硬くならないワケですわ。

 

色々としらべつつ、この方法はダメだと思い、調べてみると、どうやらR100のキャリパーとマスターシリンダーの位置、そして銅配管による原因だと思いました。

 

R100のエアーが溜まりやすい原因

はてな

通常、フロントブレーキの場合、マスターシリンダー直下にキャリパーがあるので、重力で水が下へ流れ、空気が上に浮かぶのでエアーが抜きやすいです。

ところが、リアブレーキの場合、リザーバタンク直下にマスターシリンダーがあり、そこから上がって、リアタイヤを周りこんで、キャリパーとなるので、エアーが溜まりやすい。

多分。

”こんにゃろ!”

ということで、エア抜きジグを作る事にしました。

 

リアブレーキエア抜きジグ その1 スプレーくん

100均で買ってきたスプレーの先っちょにホースを取付け、吸い出す方法です。

かつ、エアーが上にたまりやすい様に、キャリパーを結束バンドで上げてみました。

ふっふっふ

これで、抜くぜ、ヌキまくるぜ!!

 

格闘すること2時間・・・

全然、硬くならない。(ブレーキがね)

フニャフニャじゃない!
バイ美
ヒデ
・・・

 

かくなる上は、困った時のAmazonさん!

 

リアブレーキエア抜きジグ その2 ブリーディングキットくん

1,880円の出費だけど、背に腹は代えられん!

いざっ!

この手動真空ポンプのお陰で、手間は減りましたが、なぜだかずっとエアーがプクプクと吸い出し続ける。

ん????

なので、ニップルにシールテープを巻いてみても変わらない。

 

ここで、ちょっと視点が変わりました。

問題は、エアーが抜きにくいのではなく、ニップルなのかな?

と。

 

ほいで、フロントキャリパーとリアキャリパーのニップルをスワップする事にしました。

 

リアブレーキエア抜きジグ その3 ニップルスワップ

さて早速、スワップしてみると、取り付けてすぐ感じた事は、ペダルが固くなってる!?

なぜ?

ちなみに、リアブレーキから外したニップルをフロントに着けても問題無く、固くなる。

ん~~。

全然わからないけど、問題無くブレーキのエア抜きが完了しましたw

 

いや~、一体何がげんいんだったのか、謎ですが、とにかくよかった。

もちろん、あの真空ポンプを購入したおかげで、ここまでいきついたので、よい投資だったと思います。

絶対!

 

まとめ

色々と調べてみると、R100でエア抜きに困っている人が色々といるみたいですね。

一応、ポイントとしてはコレ!

ポイント

一応、ニップルを外してみてから再度取り付けてみる

まあ、こんなブログが皆様の参考になれば幸いです。

それにしても、解決するのに時間がかかった~~・・・

 

人気動画

-メンテ